アクロボールとシャーペンを組み合わせた多機能ペン『アクロボール2+1/3+1』

f:id:dokusho-suki:20200516193934j:plain

 

 こんにちは。本日は、パイロットの「アクロボール2+1/3+1」の紹介です。

 

  「アクロボール2+1/3+1」は、なめらかな書き味とカスレのない書き出しの良さが特徴の「アクロインキ」を採用したボールペンとシャープペンシルを1本にまとめた多機能ペンです。

 「2+1」はボールペン2色とシャープペンシル、「3+1」はボールペン3色とシャープペンシルを組み合わせ、1本にまとめています。多機能なのに細軸です。

 「アクロボール」シリーズとして初めてのシャープペンシル付き多機能ペンです。 

 

 

「アクロボール2+1/3+1」の特徴

 「アクロボール」シリーズで使われているインキは、従来の油性インキの約1/5の粘度に抑えた低粘度油性インキです。また、潤滑剤を配合しているのでペン先のボールの摩擦抵抗が低減し、なめらかな筆記と濃い筆跡を実現しています。もちろん油性インキならではの優れた耐水性があります。

 

 多機能ペンでありながら、軸の直径(最大径)が「2+1」で12.0mm、「3+1」で12.9mmの携帯しやすいスリムな形状です。1本で複数の筆記機能を持つ多機能筆記具としては、かなり細めの仕上がりです。

 

 シャープペンシルは、「2+1」ではスライドレバーを、「3+1」ではクリップを押し下げ、ノブをノックすることで芯が繰り出されるノブノック方式を採用しています。一般のシャープペンシルと同じ感覚で使えます。 

 

 グリップ部分には、やわらかく滑りにくい材質のラバーにタイヤパターンを施した「タイヤパターングリップ」を採用しています。しっかりと握りやすいので、滑りがちな低粘度油性インキでも安定して書くことができます。

 

 耐久性に優れたリフトクリップは、コイルバネを採用した「リフトクリップ機構」を搭載しています。10万回挟んでも壊れない可動式のリフトクリップです。

 

ラインナップと価格

ボディカラーは上質感のある落ち着いた深みのあるブラック・バーガンディー・ネイビー・ノンカラーの4色が用意されています。

 ボール径は0.5mmと0.7mmで、シャープペンシルは0.5mmです。

ボールペンのインキ色は「2+1」が黒・赤の2色、「3+1」が黒・赤・青の3色です。

 価格は「2+1」が400円+消費税、「3+1」が500円+消費税です。